1. ホーム
  2. ドキュメント
  3. GMOサインとの連携
  4. GMOサインとの連携方法

GMOサインとの連携方法

お申込み方法

どこでも契約書クラウドとGMOサインを連携するには、GMOサインのオプションプランであるAPI連携をする必要があります。
GMOサインのAPI連携の詳細やお申込みについては、GMOサインの公式サイトからご確認ください。

GMOサインのAPI連携のお申込みが完了したら、
連携するサービスでどこでも契約書クラウドを選択して申請をしてください。

連携設定の方法

※連携の申請をしたらGMOサインから、どこでも契約書クラウド連携するための認証情報(「GMOサイン顧客ID」「GMOサインシークレットキー」)が発行されます。

どこでも契約書クラウドにログインし、左のメニューから「設定」をクリックします。
どこでも契約書クラウド_設定アイコン

設定画面の右上から「オプション設定」を選択します。
どこでも契約書クラウド_オプション設定

GMOサイン連携の枠にある「GMOサイン顧客ID」と「GMOサインシークレットキー」を発行された情報をもとに入力します。
どこでも契約書クラウド_GMOサイン認証情報

入力が完了したら「設定を保存」をします。
これで連携が完了しました。

この記事は役に立ちましたか? はい いいえ